ガス給湯暖房熱源機を交換するなら【給湯暖房館】
東京ガスとメーカーの熱源機が同じって本当?

東京ガス(TES熱源機)とメーカーのガス給湯暖房熱源機は同じ製品?

2018/07/06

ガス給湯暖房熱源機は各メーカー(ノーリツ・リンナイ等)で販売されており、東京ガスでは「TES熱源機」という名で販売されています。

ガス給湯暖房熱源機を交換する際、皆さんは「TES熱源機ならTES熱源機に」「ノーリツの製品ならノーリツに」と、「同じメーカーの製品にしか交換できない、交換しなくちゃいけない」と思っていませんか?実はそうではないんです。

ガス給湯暖房熱源機は、同じ販売元の製品でないと交換できないの?

結論から言うと、ガス給湯暖房熱源機は、購入した時とは別の販売元の製品に交換できます。

東京ガス(TES熱源機)から他メーカーの熱源機に交換しても、全く問題なく交換が出来てしまいます。
東京ガスや大阪ガスなどの都市ガス会社で販売されている給湯器の正体を知れば、納得の事実が発覚します。

まずはTES熱源機の歴史から、その正体を探っていきましょう。

TES熱源機の歴史

都市ガス会社が、ガスの販売量を増やすために普及を促進してきたのが「ガス温水式暖房システム」です。首都圏では東京ガスが「TES」(TOKYO GAS ECO SYSTEM) の名称で販売しています。TESのガス給湯暖房熱源機(TES熱源機)は開発当初は家電メーカーである松下電器(現パナソニック)・日立・三洋電機などが採用されていました。当初はガス給湯器メーカーとは規格の異なる仕様だったようですが、2008年3月の三洋を最後に家電メーカーは全てガス器具の製造・販売から撤退しています。

現在、平均10年といわれる耐久年数を経て交換時期を迎えるガス給湯暖房熱源機は、もう製造していない松下電器・日立・三洋電機などの家電メーカー製が大半を占めます。「同メーカーの製品を探したのに、もう製造されていなかった・・・」とお困りの声を聞くことも多くあります。

このようなお悩みを東京ガスに相談した場合、「東京ガス製品なら交換できますよ!」と勧めてくるでしょう。でも、ちょっと待ってください。
上記にもありましたが、TES熱源機を開発していた家電メーカーは全てガス器具の製造・販売から撤退しています。

その製品は、本当に東京ガスが作っているのでしょうか?

都市ガス会社のガス給湯暖房熱源機の正体とは

実は、ガス会社はガス器具を製造していません。実際にはガス給湯器メーカーが製造し、東京ガス・大阪ガスなどの都市ガス会社のラベルを貼りつけて自社ブランドの製品として販売しているだけなのです。では、都市ガス会社が自社ブランド品として販売している製品と、市販されているメーカー製品に違いはあるのでしょうか?

発注元企業(ここでは都市ガス会社)の名義やブランド名で販売される製品を製造することを「OEM」といいます。また、そのような製品を製造する事業者は「OEMメーカー」と呼ばれます。発注元企業はOEMメーカーから製品を仕入れ、自社を販売元として独自のブランド名や製品名、型式などでその製品を販売するのです。

現在、ガス給湯暖房熱源機を製造しているOEMメーカーは、ガス給湯器メーカーの「リンナイ」「ノーリツ」「パーパス」「パロマ」の4社のみです。(パロマは数機種のみ)

そしてOEM供給でガス給湯暖房熱源機を販売している主な都市ガス会社は、「東京ガス」「大阪ガス」「東邦ガス」「西部ガス」などがあります。

OEM供給で給湯器を販売している都市ガス会社

都市ガス会社のガス給湯暖房熱源機は、規格・仕様・機能・価格を請けて開発を進め、認定採用されてから製品化されます。その後、同じ製品をメーカーブランドとして製品化し市販するのが一般的です。

つまり、製品型式が違うだけで中身は同じということになります。(※一部の特殊仕様機器では、都市ガス会社製品でしか製造されていない機種もあります。)

【東京ガス】エコジョーズ ガス給湯暖房熱源機 品番表

種類東京ガス(TES)品番メーカー品番製造メーカー
24号/フルオートFT4214ARSAW3CMGTH-C2450AW3H BLノーリツ
24号/フルオートIT4212BRSAW3CMRUFH-E2405AW2-3(A)リンナイ
24号/オートFT4214ARSSW3CMGTH-C2450SAW3H BLノーリツ
24号/オートIT4212BRSSW3CMRUFH-E2405SAW2-3(A)リンナイ

表の「東京ガス品番」と「メーカー品番」は、登録品番が違うだけの同機種です。

冒頭でも触れましたが、ガス給湯暖房熱源機のように特殊なガス機器は、ガス会社でないと交換できないイメージが強いため、大手都市ガス会社などはブランド力を強みに高額で販売することができます。(大手都市ガス会社の値引率は20%前後といわれています。)

関連記事:東京ガスや大阪ガスの見積もりに驚き!熱源機ってそんなに高いの?

中身が全く同じ製品が安く手に入るなら、お得な方を選びたいですよね。

一目瞭然!都市ガス製品の製造元メーカー

ガス会社製品=メーカー製品のカラクリがわかると、ご自宅のガス給湯暖房熱源機はどのメーカー製品なのか、気になるところですよね。

本体の製造表示ラベルに、その答えが隠されています。

ガス給湯暖房熱源機製品本体には必ず日本ガス機器検査協会の認定シールが貼り付けられており、製造元・品名・型式・ガス種などが記載されています。そこには都市ガス会社ブランドの型式とメーカーの型式が印字されているので、一目瞭然に同じ製品である事がわかります。

都市ガス製品の表示ラベル

①都市ガス会社品番

②メーカー品番

③製造元メーカー名

ちなみに、この品番(型式)からは製品の仕様を読み取ることができます。東京ガス製品をお使いの方は「東京ガス製品(TES熱源機)の型式の読み方」を確認してみてくださいね。

給湯器ドットコムでは、「給湯器の旧型番から検索」で現在お使いの品番(型式)から交換可能な機種を探すことができます。

現在お使いの品番がわからない方は、スタッフにご相談ください。最適なメーカー製品をご提案させていただきます。現地調査も無料で行っておりますので、下のボタンからお気軽にご依頼ください。

無料お見積りはこちら


 

-都市ガス会社の給湯暖房熱源機をお使いの方へ